田舎でのコインランドリー経営は成功する?メリット・デメリットとは   

公開日:2023/09/15   最終更新日:2023/05/30

メリットデメリット

最近よく目にする、コインランドリー経営は田舎でもできるのか、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。また空いた土地を活用したいと考えている方も、多いでしょう。そこで本記事では、田舎でコインランドリー経営をするメリットや、デメリットを紹介しています。田舎でのコインランドリー経営に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

田舎でコインランドリーを経営するメリット

土地の有効活用の方法はいろいろあります。マンションやアパートなどの経営があります。しかし、今注目を集めているのはコインランドリーの経営です。最近では、どこにでもあるコインランドリー。田舎でコインランドリーを経営する際、どのようなメリットがあるのでしょう。

競合店舗がすくない

田舎と聞くだけで、過疎地のようなイメージがあるかもしれません。今回、紹介するのは、そのような田舎ではありません。まず、田舎は都会と比べて人口が少ないです。さまざまな店(スーパーやコンビニ)も少ない傾向にあります。

つまり、コインランドリー店(競合店)も少ないということです。人口自体が少ないので、来客数は少ないです。その結果、競合店舗と取り合いになりにくいのも事実です。

土地が広く、駐車場を設けやすい

コインランドリーの料金は、乾燥つきでおよそ1,000円前後、量は10キロから20キロが目安です。大量の洗濯もの(布団・毛布など)を持ち込むケースが多く、家の近くに店舗があればよいですが、そうでない場合、車が必要になります。

駐車場がないと、車で来店することはできません。駐車場があるのが、ベストな集客方法です。

ランニングコストが低く、利回りがよい

土地の有効活用で真っ先に頭に浮かぶのは、アパートやマンションの経営です。近年、もっとも注目を集めているのが、コインランドリーの経営です。アパートやマンションなら、部屋などの劣化が早く、修繕費などにお金がかかります。

しかし、コインランドリーは、最低限の清掃などはありますが、基本的に機械の修理やメンテナンスがメインです。初期費用はかかりますが、ランニングコストを抑えられるので投資償却しやすい傾向にあります。

また利回りもよく、一般的にアパート・マンション投資の場合平均6%ですが、コインランドリー投資では、10%から20%が見込めます。コインランドリー経営は土地活用のベストプランだといえます。(利回り=投資金額に対する収益割合)

安定した収入を得られる

田舎ということもあり、人口は少なめです。その反面、競合店舗も少ないです。使用客を常連にかえることができれば、安定した収入が得られます。まずは、チラシなどの宣伝を、フルに活用し集客することが大切です。

人件費が不要

基本コインランドリーはセルフサービスなので、人件費が必要ありません。結果、ランニングコストを抑えることにも繋がります。

 田舎でコインランドリーを経営するデメリット

犯罪など

セルフサービスなので、人件費が必要ないというメリットの反面、だからこそのデメリットもあります。そのひとつに、犯罪(窃盗)などがあります。対策として、防犯カメラや外から店舗内が見える作りにするのもひとつです。アルバイトやパートを雇うのも、ひとつの手段です。

利用者が少ない

都会と違い、田舎は人口が少ないです。そのため、利用者も少なくなる傾向にあります。固定客(常連)にすることが重要になります。

高額収入は望めない

もともと余っている土地なので、有効活用した方がよいという考えを持つことが大切です。1回1,000円前後の使用料金で、高額収入は厳しいのが現状です。

田舎でコインランドリー経営を成功させるポイント

他店にない強みをもつ

同じ値段なら、サービスのよい店舗を選ぶでしょう。田舎でコインランドリー経営を成功した例を紹介します。たとえばカフェやコンビニの併設、ポイントカードなどの特典を設けるなどです。

また、駐車しやすかったり、近くにスーパーがあったりなど、立地も重要です。コインランドリーは、洗濯乾燥まで約1時間の待ち時間が必要です。人気雑誌やWi-Fiがあれば暇つぶしになります。

防犯対策

人気店にするには、女性やお年寄り、子どもがひとりでも来店できるように、工夫を凝らした店舗にするべきです。外から店舗内がよく見えるガラスや、防犯カメラを設置するなど、工夫の仕方はさまざまです。

また使い方が分からないという方のために、バイトを雇うのもよいでしょう。設備の投資や人件費に費用はかかりますが、お客さんが来ることが優先です。

清潔感

もちろん清潔な店舗が重要ポイントです。キレイにする場所が汚いのは、イメージダウンにつながります。店舗内はもちろん、看板やガラス窓、駐車場も清掃することを忘れないで下さい。

まとめ

最近では、いたるところにあるコインランドリー。しかし、まだ行ったことのない人も多いのも事実です。ですが、コインランドリーは、まだまだ需要は増える傾向にあります。コインランドリー経営を成功させるには、立地条件やサービス内容、斬新なアイデアなどが考えられます。

他店にない魅力があれば、自然に顧客は増えるはず。本記事がコインランドリー経営を視野に入れている方のお役にたてれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

近年、主婦に限らず、副業や投資などをする方は増えています。コインランドリーは比較的始めやすい投資と言われますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは主婦でもコインランドリーを経営できる理由、コ

続きを読む

コインランドリー経営は、比較的始めやすい投資方法として認知されています。では、どのようにしたら成功する確率が高くなるのでしょうか。ここではコインランドリー経営の年収の目安、コインランドリー経

続きを読む

コインランドリー経営は、多くの投資家が実践しているものです。では実際どのように経営しているのでしょうか。ここではコインランドリー経営でかかるランニングコストの内訳や相場、正直、コインランドリ

続きを読む

最近よく目にする、コインランドリー経営は田舎でもできるのか、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。また空いた土地を活用したいと考えている方も、多いでしょう。そこで本記事では、田舎でコ

続きを読む

これからコインランドリーを経営したいと考えている主婦に、今回の記事はおすすめです。店舗を運営した経験が無い主婦でも、コインランドリーの経営ができるのか不安に思うでしょう。フランチャイズで経営

続きを読む

これからコインランドリー経営を始めたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。個人でもフランチャイズでも始められるので、経営者として手腕を発揮するのが難しいと考えている人は、フランチャイ

続きを読む

最近、街中やロードサイドでコインランドリーを見かけることが増えていませんか?最近はコインランドリー経営を始める人が増えていて、1995年には9,206店舗だったのが2021年には25,000

続きを読む

コインランドリーのフランチャイズ加盟に必要な初期費用は1,500万円以上です。これは目安であり、さまざまな条件によって、費用は大きく異なります。この記事では、コインランドリーのフランチャイズ

続きを読む

土地活用の一つとして増えている、コインランドリー経営ですが、狭い土地でも開業でき、スタッフが常駐する必要もないため、近年注目されています。これからコインランドリーを開業したいと考えている方も

続きを読む

サラリーマンが副業として取り組むことも増えてきているのが、コインランドリー経営です。比較的利回りも高く、大きな利益を上げている人も少なくありません。しかし、初期費用が高く付くデメリットもあり

続きを読む